読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(`・ω・´).+゚.。oO(!!前 世 や ば い!!)

↓↓ こんなの書いてます ↓↓

自分の地域の”昔話”を探してみる 田子町編【長坂の伝説】

↓↓前の記事はこちら↓↓

jinbee-essays-in-idleness.hatenablog.com

 

 今回のお話は、”がっけもの”で一緒に活動したつっつーさんに持ってきて頂きました。前回の”きつね”の話と違い、今回は”白蛇”に関わるお話です。

↓↓つっつーさんのブログはこちら↓↓

よろしければ、ご覧ください。

tsutsu229.blog.fc2.com

 

f:id:JINBEE:20160628090554j:plain

(こちらは、めどち☆これくしょんの白蛇をモチーフしたキャラクター)

【長沼の伝説】

 田子町長坂。地名の由来は長い坂の合流点にあるため。
 この長坂には「ぬのがらみ」という”もののけ”が住むと伝えられています。

 

 田子町の長坂には布沼という大きな沼があった。

 そこには妖怪が住んでいて、「布がらみ」と呼ばれていた。

 

 この沼の主は、布に化けて沼の岬の垣根に下がり、取ろうとする人がいると伸びて絡みつき、そのまま沼に引き込むと怖れられていたという。

 

 妻と娘を沼に引き込まれた男が「布がらみ」を退治しようと決意した。

 沼の岬に着くと神に一心に祈ると、沼の水面がざわめいた。神のお告げにより持ってきていた鳩の卵を割り、沼に投げ込んだところ、大きな音を立てて「布がらみ」の死体が浮かび上がってきたという。それは大きな白蛇の姿だったという。

(みちくさ鹿角街道より抜粋・森山泰太郎、北彰介『青森の伝説』)

 

f:id:JINBEE:20160703214950j:plain

(布沼は現在はないとされていますが、長坂にあった池。布沼の名残り?)

 

考察

 ”白蛇”は、田子町だけでなく、全国各地・三八地方にも多く存在するモチーフです。

 ”神様”、”神様の使い”、”化物”。様々な側面を持ちますが、私たち、人間にとって特別な何かを感じさせるものではないでしょうか?

 

 木にかかっている”布”。”天女の羽衣”の話は有名ですが、そういった話とのつながりも感じさせます。現在でも、道端の木に布や服がかかっていたら、かなり気になりますがね^^;

 

 ”卵”というものも面白いですね。

 コロンブスの卵やイースターエッグなど繋がることはないと思いますが、生命の生まれるものに対しての神聖なものを感じますね。

 

 考えてみると、きりがないですが…

 この周辺を通る際には、”布”にお気をつけください。

 

*****************************
<記事リンク>
○当ブログ筆者の紹介

jinbee-essays-in-idleness.hatenablog.com

 

○事業執行部”がっけもの”のfacebookページ
https://www.facebook.com/gakkemono.medokore/?ref=bookmarks
facebook内のページとなります。

 

もののけキャラクター 総集編

http://jinbee-essays-in-idleness.hatenablog.com/entry/medokore.mononoke

 

○自分の地域の”昔話”を探してみる 田子町編 リンク先(2016年7月11日現在)

jinbee-essays-in-idleness.hatenablog.com

jinbee-essays-in-idleness.hatenablog.com

jinbee-essays-in-idleness.hatenablog.com

jinbee-essays-in-idleness.hatenablog.com

jinbee-essays-in-idleness.hatenablog.com

jinbee-essays-in-idleness.hatenablog.com

******************************