読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(`・ω・´).+゚.。oO(!!前 世 や ば い!!)

↓↓ こんなの書いてます ↓↓

僕の曲の集め方【目的別のコツ その3】

ストリートダンス

↓↓前の記事はこちら↓↓

jinbee-essays-in-idleness.hatenablog.com

 

 

音楽が好き

 「音楽が好きだ!」

 そう胸を張れることは素晴らしいことだと思います。世界のたくさんの人が音楽を効き、様々ななジャンルの楽曲が愛好されています。ダンスという枠組みに囚われずに、多くの素晴らしい音楽と触れ合っていきたいものですね。

 

 ストリートダンスに関わっていると、音楽も好きになっていくのですが…そういった情報の展開の仕方も様々です。このことに関して、自分が思うことは、「自分を発信し、交流を広げていくこと」が出来れば、たくさんの自分が知らない世界に触れることが出来ると考えています。

 

 近年はコミニュケーションツールが進化したおかげで、日本各地・世界中の人と交流することが出来るようになりました。LINE・Skypeなど、実際に顔をあわせなくても友達になって、自分の趣味の合う人・自分と全く違うジャンルの人と話をすることが出来ます。

 

 僕自身もLINEで音楽情報を共有しています。最近は、停滞気味ですが…そういった様々な人と関わり合うことで自分の知らない世界や深い世界を探求出来ます。

 最も面白いのは、DJさんやバンドをしている方と話をする時でしょうか?自分の浅はかさも知りますが、新たな世界を知ることが出来ます。

 

 交流をして、新たな情報を得て、音楽を聞くことで、楽しい時間を過ごすことが出来ると思います。情報交換出来る交流って本当に大切で、人間的な付き合いも深くなりますし、音楽が好きなら、そういった趣味仲間を見つけることが楽しさを広げるコツですね。皆様もそういった交流をしてみてはいかがでしょうか?

 

練習する時に使える曲を探している

 ダンスを練習をする際にまとまった曲が必要になると思います。ショーケースの練習など繰り返しが多い練習では、そうはいきませんが、自分自身の自主練など数多くの曲が必要する場合がありませんか?

 

そういった場合は…

◯これまでの記事に書いたような情報を集め、自分で収集した曲を使用する
◯紹介してあるようなサイト・ラジオアプリを使用する

などをすることで解決可能だと思います。

 

 気軽にまとまった曲を手に入れる方法として、イベントなどで販売されているMix CDを購入することをオススメします。60分程度に切れ目なく、音楽が続きますので、連続した練習も可能です。また、飽きないように様々な音楽が流れるので、1曲ずつかけて練習するよりも、iPodの操作などをせずに集中して練習することが出来ます。

 

 ここで、ポイントですが…練習の目的にあった曲を持ち込むことが大切だと思います。

◯好きな音楽をひたすら聞いて練習する
◯苦手な曲で練習する
◯バトル練習をする

…など自分自身のジャンルや得たい技術によっても、選択する曲は変化します。

 自分の持っている曲をすべて持ち込むこともありますが、さすがにそこまでの余裕はないと思いますので、そういった”選択する”という過程で何か発見出来ることもあるかもしれません。

 iPodの曲を入れ替える際に発見出来る曲の良さもあったりするので、練習目的を考えて、曲を選んでいきたいものです。

 

 

 

 自分で”目的意識”を持つことで「どんな曲がほしいのか?」や「ほしい曲の量」などを知ることが出来ます。普段の練習や思考から生まれた欲求を満たすように適した音楽情報を集めることが出来れば、楽しさが広がっていきますよ(^^)

 

 

 

↓↓次の記事はこちら↓↓

jinbee-essays-in-idleness.hatenablog.com

 

 

***************************************************

↓↓ダンス関係の経歴↓↓

jinbee-essays-in-idleness.hatenablog.com

 


 

=僕の曲の集め方(2016年7月26日現在)= 

***************************************************